kens' 点心 diary

美味しいkenのdaiary

思う事

真夜中の試作

教室用の肉まんの生地を 1人1キロから 800グラムに変更しました。 蒸篭の容量やレッスン時間 何より生徒さんが かなりお疲れになる事があります。 1人800グラムで 25個作成です。 再度確認の為 生徒さん1人分を作ってみました。

凄い偶然! 引き寄せ? 何?何?

昨夜弟から 晩御飯ナウ! 『炒飯と餃子』 食べたい〜〜!と思っていたら 今日の社食は炒飯と餃子でした。

陳老師

陳先生は昭和の昔 、中国の国家主席と来日されました。 昭和の時代に中国大使館の料理長として腕を振るわれて 昭和天皇も魅了した大先生であります。 日本がバブルの頃 誰もが知っている料理人の 懐刀として先生は働き 調理師学校の講師として 指導されてお…